臨済宗妙心寺派 今川家菩薩時 大楊山 長慶寺

嘉慶年間(1387~1388)に今川三代泰範公が開基として開創され、 戦国の大軍師でもある、太原崇孚和尚が眠る由緒あるお寺で大切な ご先祖様を大切にご供養致します。

歴史・由来

創建

長慶寺・創建

長慶寺は、『駿河記』等によると、嘉慶年間(1387~1388)鬼岩寺末の真言宗として今川三代泰範が開基として開創された由緒ある寺院です。
開山は不明であるが、開基の今川泰範は範氏の次男であり若い頃は鎌倉建長寺に入り修行していたが、兄の氏家が若くして没したため還俗して、今川三代を継いだ。足利義満に仕え、明徳の乱(1391)応永の乱(1399)で功名をあげ、応永7年(1400)駿河と遠江2ヶ国の守護職に任ぜられた。それ以前泰範の父範氏は文和2年頃(1353)駿河の地を治める根拠地として島田の大津庄には大津城を、葉梨庄には花倉城を築いた。この築城に並行して家臣の屋敷を定め、一族の菩提を供養したり、男子教育の場として氏寺を建立した。花倉には遍照光寺を、下之郷には長慶寺が開創されたのである。

中興開山

その後長慶寺は真言宗として法灯を150年間余にわたって守り続けたが、今川義元の軍師であった太原崇孚(雪斎長老)の姉と言われている(駿河記)太年尼が廃れていた長慶寺の再興に手がけ、さらに太原崇孚の功労で再興を果たした。宗派も真言宗から臨済宗妙心寺派となり、太原は中興開山となったのである。

再興から現代

天文20年(1551)以前の長慶寺には大沢院・安養寺・修善院の三ケ寺の塔頭寺院(大寺に所属する子院)を有していた。大沢院と安養寺は義元の指示により臨済寺塔頭に移転したが、今川家の氏寺として花倉の遍照光寺とともに格式の高さを誇っていた。
この格式高かった長慶寺も今川家の没落とともに、寺運は急速に衰退し荒廃した。しかし戦国争乱の時代が収まり、江戸時代に入ると静かな山里の寺に戻った。そして下之郷の檀信徒の篤い信仰に支えられ、臨済禅の法灯はずっと相続されてきた。天保8年(1837)火災の憂き目に遭い、諸堂を焼失したが、その後再建された。

中興開山  太原雪斎

太原崇孚つまり雪斎は、今川家の家臣であった庵原氏の出身である。9歳の時富士の善得寺に入寺し、14歳で栴岳承芳(今川義元)とともに京都に上り、建仁寺や妙心寺で修行を積んだ後、再び善得寺に帰山した。大永6年(1526)今川7代の氏親が没したあとを氏輝が今川家8代となった。ところが、天文5年3月17日氏輝と弟の彦五郎の兄弟は同じ日に病没した。善得寺にいた承芳は還俗して義元と名乗り、異母兄良真(玄広恵探)と家督をめぐって争った。いわゆる花倉の乱である。勝利を収めた義元は今川家9代となり、雪斎は義元の軍師となって数多くの戦いに参加し、他国と交渉をまとめたりして遠江から三河を平定し、今川家を東海の雄として成長させた。雪斎は京都五山の建仁寺では禅修行だけでなく、文学、政治学、兵法を学んだ。義元の相談役となり、禅僧でありながら時には合戦の指揮をとったこともあった。
雪斎は義元の影で参謀的な役割を果たした。今川義元と武田信玄、北条氏康との「善得寺の盟約」の実現の際、雪斎が調停役になったのは疑いない。雪斎は義元が駿遠三にわたって権力を確立していく際ともに行動した。家康をして「義元は、雪斎を過度に信頼して重臣を軽んじた。」といわしめたほど、義元は雪斎を頼りにしていた。義元は善得院に兄氏輝を葬り、大龍山臨済寺を再建して、雪斎を開山にしようとした。しかし雪斎はこれをうけず、師の妙心寺大休を招いた。
なお今川氏の人質にあった家康が雪斎に薫陶を受けたのはこの臨済寺であった。雪斎は太原崇孚と称し、妙心寺の35世を務めたこともある。
宗教界における雪斎は静岡に臨済寺を創建し、晩年にはこの長慶寺に隠棲し古くなった堂字の再建を果した後、弘治元年 (1555)10月10日、60歳の生涯を閉じた。多方面に渡って活躍した雪斎の功績をたたえて、後奈良天皇から「宝珠護国禅師」の勅賜号を賜った傑僧であり、名僧であった。