臨済宗妙心寺派 大楊山 長慶寺

今川家菩堤寺 大楊山 長慶寺

長慶寺だより

9月に入りました。まだまだ、暑い日が続きます。体調は如何でしょうか。健康管理に気を付けましょう。

9月の仏教イベントは、『お彼岸』です。イベントと表現しては偉い和尚様に叱られそうですが。

イベントではなく、実践としておきます。

 

実践とは、六波羅蜜(ろくはらみつ)の実践です。六波羅蜜とは、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧の6つです。

なぜ、六波羅蜜を実践するのか?それは彼岸だからです。彼岸とは、彼方(あちら)の岸のことで。彼方の岸へ皆で渡りましょう。という意味になります。

彼方の岸❔彼方の岸とは、自分の心の中に有ります。かたよらない心、こだわらない心。心がどちらかにかたよってしまうから、物事上手くいかなくなってしまう。

かたよらない、こだわらない、そんな心であったら自由で、人生楽しいと思いませんか。

 

かたよった心、こだわった心で失敗しないために六波羅蜜の実践をします。①布施・・惜しみなく施す。②持戒・・規律を守る。③忍辱・・耐え忍ぶ

④精進・・努力する。⑤禅定・・精神を集中する。⑥智慧・・仏さまの智慧。めんどくさいと思うかもしれませんが、どれも日常で実践できることばかりです。

お彼岸には、先祖供養としてお墓参りに行きます。お墓参りは、六波羅蜜の実践と言えます。

 

お墓参りには、時間を掛け、お花や供物を買ってお墓に供えます。これは①布施に当たります。お墓参りにはいろいろな決まりごとがあります。これは②持戒に当たります。

お墓の前で、故人の死を改めて思い耐えます。③忍辱の実践です。お墓参りで欠かせないのがお墓を磨いたり、草取りをしていろいろ努力します。これは、④精進の実践と言えます。

お墓の掃除ができたら線香を立てて心静かに手を合わせます。これは⑤番目の禅定と言えます。お墓参りの最後に、お経を唱えたり短い回向をお唱えすれば、⑥智慧の実践です。

お彼岸は、故人の為ではなく自分の心が、かたよったり、こだわった心になって失敗しないように、自分のために行うんですね。